HOME>トピックス>パスポートでは90日以内しか滞留できない

審査基準をクリアする

東洋の真珠と言われ国際的な金融センターとしても知られる香港は、観光目的だけでなく現地でビジネスを行うために訪れる日本人も多いです。そして香港に滞留にはパスポートが必要ですが、パスポートは90日以内しか滞留できないのです。そこで90日以上の長期間香港に留まって働いたり、投資や学業を行うにはビザが不可欠となります。もしビザを持たずに経済活動や留学を行うと罰を受けることがあるので注意することです。そして香港でビザ取得を予定しているなら香港ビザの取得のためのノウハウを持っていて、圧倒的な実績を持つ専門のサービスに相談することをおすすめします。ビザ取得は様々な審査基準があり、緻密な計画を立てる必要があるのです。

就労用から投資用や扶養家族向けや永住権

香港ビザ取得サービスで取得できるビザは、現地で雇用されて働く就労用、投資を行うための投資用、香港で働く方の家族のための扶養家族向けのものや研修用や永住権などがあります。香港ビザ取得サービスではイミグレーションデパートメントの定める基準を正確に理解して、ポイントをおさえて申請してくれるので信頼できます。

正しい知識と情報

香港ビザ取得サービスでは、ビザの取得だけでなく更新や変更なども行ってくれます。ビザの手続には正しい知識と情報を持った専門家に任せることで取得率が高くなります。香港ビザ取得サービスでは、取得後のサポートもしっかり行ってくれるので安心です。

広告募集中