HOME>オススメ情報>仕事で必要となってくる書類の準備をしよう
パスポート

免除される条件

香港に行く場合にはビザが免除される、と考えている人もいるようですが、これには条件があります。条件を満たしている場合に限り、免除をされるので、誰でも不要というわけではありません。ビザを免除されるのは香港居住権所持者に限ります。この香港居住権所持者がない場合にはビザを取得しなければいけません。また仕事で香港に足を運ぶ場合、仕事で得る報酬を日本で受け取る、ということになるので、免除されることはありません。特定の条件をクリアしていなければいけない、ということになるのでビジネス目的の場合にはほぼ準備をしなければいけない、ということになります。条件を満たしている場合、90日間以内の滞在であれば免除されます。ビジネス目的と観光目的ではまた違いがあるので、その違いをチェックしておくとより安心することができるでしょう。

どれを取得するのか

香港を訪れる際に取得が必要となるビザには6つの種類があります。自分がどれに該当をするのかということをキチンと把握しておく必要があります。観光、就労、投資、扶養家族、研修、永住の6種類があるので、必要なものを取得しなければいけません。近年取得をしている人が多いのが投資ビザです。投資のために香港を訪れるということが多くなっているので、需要も高まっています。しかしデモなどが増加をしている時期もあるので、安全のためには渡航を見合わせるということも必要になってきます。安全が確認をしてから渡航をしたほうが、トラブルを回避することが出来るでしょう。他にも観光目的で訪れる人が多いということもあるので、観光ビザも取得する人が多いです。香港は日本からのアクセスもよい、ということがあるので人気も高いです。

広告募集中